選挙闘争

3・1ビキニデー集会・鈴木たつお参院選の決意

DSC_0182 昨日の全学連への弾圧、許せない。今朝、記者会見をして、真っ向から弾圧をうけて立ち粉砕することを訴えた。京大の学生が一昨年の11月、けさ固めで公安警察を追い出し、一年後バリケードストライキを行い、これで京都府警の権威が地に落ちた。「威力業務妨害罪」で学生のストを弾圧してきたのは前代未門。威力業務の業務とは、学術・研究とされ、憲法23条で学問の自由は保障されているにも関わらず。朝鮮戦争最中の1952年、東大ポポロ事件があった。それと同じく今、朝鮮戦争が始まろうとしている。学問の自由の核心は『大学の自治』。大学は営業権を振りかざした企業体でもない。70年代、私も反戦青年委員会で東大安田講堂で闘った。70年代の東大・日大闘争。それまでの授業を受ける客体に過ぎないから、大学自治の主体は学生であるということをうちたてた。京大のストは大学のあり方に対して、大学自治の主体は学生であり、弾劾し批判し行動する権利をもつと確立されている。色んな口実をつけても警察が介入できなかったが、それを今回やった。弁護士の立場から言っても、こんな犯罪は成立しない。無罪だ! ポポロ事件は最高裁で覆された。闘って勝ってみせよう。ポポロ事件以来の大弁護団で反撃する。
 
 今日は3・1ビキニデー。杉並から始まる闘いが私の人生に大きな影響を及ぼした。高校の生徒会に「杉並の闘いを新宿高校で起こそう」と立候補して当選した。原水禁大会第2回から参加した。原水爆高校生連盟の一角になった。それから私は長崎のNHKディレクターをしました。被爆地ナガサキでは、自分の妻の親族は被爆者だった。私は放射能、原爆が何なのか考え続けた。
佐世保にエンタープライズが入港する。ベトナムに対して爆弾の雨を降らせている原子力空母エンタープライズが被爆地ナガサキに入港するのは絶対に許せない。体を張って闘おうと。当時「暴力学生」と呼ばれていた三派全学連と共に、ヘルメットを被り棒を持って闘った。国際連帯の闘い。そして、反戦・反核の意識が日本人民に深く根付いているということを確信した。何十万と一瞬にして殺され、抑えに抑えられた歴史から、杉並の3・1が一切の目論見を吹き飛ばした。ヒロシマ・ナガサキの現実、ビキニが全国に広がった。1年足らずで3000万の署名。全世界で数億の署名。依然として日本人民の反戦意識はますます強くなる。安倍や丸川環境大臣がフクシマを亡きものにしようと襲い掛かっているが、そんなことは成功しない。
DSC_0243
 最後に、労働者の党をつくろうと訴えたい。全原発の廃炉、子どもの小児甲状腺ガン167人の現実、誰がどこの政党が真正面から取り上げて闘おうとしているか。共産党は、医者も含めて抹殺する先頭に立っている。さらに、全国に広がる貧困の問題。最大の原因は非正規労働。これを今「同一価値・同一労働」と言って総非正規化を狙っている。同一価値労働の価値を判断するのはブルジョアジー。そんなトリック許せない。真っ向から非正規を撤廃する。そして、戦争の問題。共産党の志位が「主権が侵害された場合、自衛戦争をやる」と戦争をやる先頭に立っている。全ての戦争は自衛の名で行われ、1%のブルジョアジーのためだった。労働者・人民の利益を代表して命がけで闘い、今の社会を根本的に作り変える政党は、これから私たちの手でつくるしかない。アベノミクスが崩壊する中、緊急事態条項、憲法第9条2項まで手をつけようとしているが戦前とは違う。昨年、国会闘争で闘われたように1000万の人民が決起している。自衛戦争ならいいなどとのこんなペテンにからめとられては駄目だ。

「戦争絶対反対!許すな改憲!集会」打ち抜きました

12月5日杉並、6日江戸川で、「許すな改憲!大行動」の主催で、「戦争絶対反対!許すな改憲!集会」を開きました。

493825885207

「大運動」の代表呼びかけ人である鈴木達夫弁護士が講演を行い、来年7月の参議院選挙に断固、立候補して闘う決意を明らかにしました。今こそ労働者階級の利益を真に代表する、新しい労働者の政党が切実に求められています。参院選勝利のために、全国の労働者は団結しましょう。

「許すな改憲!1千万人署名運動」を全国の職場、街頭で取り組み、国鉄決戦・参院選決戦を軸とする16年決戦へ!

493825111598

鈴木達夫弁護士の講演(要旨)

 
1年前、衆院選で1万7千人の支持を杉並選挙区でいただきました。選挙と政党は、労働者の政治意識の形成にとって、とても大きな役割を果たします。労働者が主人公の社会をつくるためには、労働者の政党が絶対に必要です。そのために私は昨年2月の都知事選、12月の衆院選に続いて、来年7月の参院選挙に立候補し闘うことを決意しました。
 
9月19日の戦争法強行採決から11月のパリ銃撃事件まで、世界中で重大な事件が起きています。その中で安倍と既成政党は今、何をやろうとしているのか。どう動こうとしているのか。
 
パリの事件に対して安倍は、「断固テロと対決する」と宣言しました。対応して日本共産党の志位委員長は「国際社会は一致してテロ撲滅のために闘うべきだ」と言い放ちました。しかし、有志連合の空爆で殺されている多くの人たちはどうなのか。その人たちの苦しみ、悲惨に思いを寄せなければならないという声が圧倒的です。
 
戦争法に反対して全国で2千万人が立ち上がりました。この人たちとともに、安倍や日本共産党のような、帝国主義と大国の侵略戦争を不問にする流れと対決し、戦争を絶対に阻止するために闘うべき時です。
 
そのために私たちは、力ある政治勢力として、新しい労働者の政党として登場しなければならない。戦後革命以来の労働者階級の闘いを共有しつつ、政策、展望、そして未来を語り、その中心に労働者階級がすわりながら、すべての人民を結集する軸をつくり出す。それが新しい労働者の政党の根本原理だと思います。
 
国会決戦の直後、日本共産党は記者会見をやり、「民主党などと一緒に国民連合政府をつくろう」と言い出しました。「安保廃棄は棚上げし、凍結する。急迫不正の主権侵害には日米安保を活用してアメリカと共同対処する」と言明しました。とんでもない話です。すべての戦争は「急迫不正の主権侵害に対処する」という口実でやられてきたではないですか。
 
また、「一緒に闘う」という、その民主党は3・11福島第一原発事故後に原発を再稼働し、消費税を上げた第二保守党です。こんな共産党の提案が「戦争絶対反対」で立ち上がった人たちに対する答えでしょうか。絶対に違います。そうではないことを、私たちは新しい政党として皆に提起していかなければなりません。
 
安倍・自民党は、「憲法に緊急事態条項を入れる」と言っています。この条項は「憲法の自爆装置」とも言われているものです。内閣総理大臣の政令で憲法上の権利を一切停止できる。集会もデモもストライキも禁止する、言論の自由も奪い取る――そういうものが自民党の改憲案です。7月参院選が改憲をめぐる決戦として設定されました。衆議院も解散し、衆参同時選挙ということも言われています。
 
安倍は、安保国会決戦で日本の人民の底力をつきつけられ、そこでの対決を恐れて「アベノミクスの第2ステージ」などとほざいています。笑うべきです。第1ステージ自体がもう崩れ去っているではないか。人民をなめるのもいい加減にしろと言いたい。消費税を上げて法人税を下げる。国家が一握りの資本家のためのものであることをこれほど露骨に示していることはない。国家とは何か、戦争とは何か、大いに議論を起こしていきましょう。
 
貧困が極限まで進行しています。子どもたちの6人に1人が貧困で給食費も払えない。その貧困の根本原因は今や2千万人に達した非正規労働にあります。非正規労働者と正規労働者の団結をつくり、労働組合を再建していくことが最大の反撃だと思います。
 
私たちが生きるために、安倍を倒し、戦争を阻止し、労働者を中心にした社会をつくらなければならない。私は日放労で組合活動をした経験からも、「労働者は、どんな困難な中でも団結し、勝利することができる」という確信を持っています。その力で勝利しましょう。

衆院選勝利!鈴木たつおさんを国会へ!

鈴木たつおと共に歩む会HPに連日の闘いがUPされています。
ブログ、ツイッター、フェイスブック等々で是非拡散をお願いします。
鈴木たつおさんと共に「アベノミクスと戦争に絶対反対!」「労働者の政党つくろう」の声を杉並から全世界にとどろかせよう!

鈴木たつおトップ2

↑鈴木たつおとともに歩む会HPリンク

鈴木たつおを国会議員に! 推薦のお願い

2014年11月19日

改憲・戦争・原発・貧困許さない大行動(略称 許すな改憲!大行動)

代表呼びかけ人:西川重則(平和遺族会全国連絡会代表)
高山俊吉(弁護士・憲法と人権の日弁連をめざす会代表)
杉井吉彦(ふくしま共同診療所医師)
吉本伸幸(東京西部ユニオン委員長・鈴木コンクリート工業分会書記長)
椎名千恵子(3.11反原発福島行動実行委員会)

取り急ぎ、私たちの『許すな改憲!大行動』の代表呼びかけ人の一人である鈴木達夫さんの推薦をお願いします。

皆さまご承知のように、自民党安倍政権は、ついに人民の怒りで打倒され、解散総選挙で生き延びようとしています。今回の衆議院選挙は、安倍自民党政権の根っこを断ち切り、労働者が社会の主人公として登場していく闘いです。

私たちは戦後史の岐路に立っています。労働者派遣法の改悪、解雇規制の緩和など労働者の権利を奪う立法が進められ、社会保障・年金は切り捨てられ、消費増税が貧困を加速しています。福島では子どもの甲状腺がんが多発しているにもかかわらず、鹿児島川内原発の再稼働情勢です。社会の隅々に怒りは満ちあふれ、すべての人々が「生きさせろ!」と叫んでいます。

安倍政権の目的は、こ全社会矛盾を戦争で突破することです。去る7月1日の集団的自衛権行使容認の閣議決定は「戦争放棄の国から戦争する国」への大転換にほかなりません。これに立ち向かうため、私たちは去る8月17日、日比谷公会堂でおよそ2000名の大集会を開催しました。被曝69周年の広島・長崎で示された「二度と戦争をさせない」という被爆者の魂の叫びを引き継ぎ「日比谷宣言」を発し、「改憲・戦争・原発・貧困許さない大行動」という運動体を立ち上げました。

解散・総選挙という安倍政権の見え透いた生き延び策に対決して、乾坤一擲の大挑戦にうって出る時だと感じております。

私たちとともに闘う仲間である鈴木達夫さん(第二東京弁護士会)は、改憲・戦争に絶対反対の最先頭で闘っています。労働者の権利と刑事被告人の防御権に長年取り組んできた弁護士です。今年の東京都知事選では、「99%」の怒りを体現し、大政党とならぶ選挙戦を展開しました。人民の未来がかかったこの時に、NHKディレクターから反戦活動家そして弁護士にと、これまでの人生の一切をここに集中して国政に挑戦する決意に至りました。

鈴木たつおさんを国会議員に!
生きる権利を鈴木たつおとともに!

多くのみなさんの推薦を心からお願いいたします。

鈴木たつおとともに歩む会HP
http://suzutatsu.main.jp/