Monthly Archive: 11月 2014

衆院選勝利!鈴木たつおさんを国会へ!

鈴木たつおと共に歩む会HPに連日の闘いがUPされています。
ブログ、ツイッター、フェイスブック等々で是非拡散をお願いします。
鈴木たつおさんと共に「アベノミクスと戦争に絶対反対!」「労働者の政党つくろう」の声を杉並から全世界にとどろかせよう!

鈴木たつおトップ2

↑鈴木たつおとともに歩む会HPリンク

鈴木たつおを国会議員に! 推薦のお願い

2014年11月19日

改憲・戦争・原発・貧困許さない大行動(略称 許すな改憲!大行動)

代表呼びかけ人:西川重則(平和遺族会全国連絡会代表)
高山俊吉(弁護士・憲法と人権の日弁連をめざす会代表)
杉井吉彦(ふくしま共同診療所医師)
吉本伸幸(東京西部ユニオン委員長・鈴木コンクリート工業分会書記長)
椎名千恵子(3.11反原発福島行動実行委員会)

取り急ぎ、私たちの『許すな改憲!大行動』の代表呼びかけ人の一人である鈴木達夫さんの推薦をお願いします。

皆さまご承知のように、自民党安倍政権は、ついに人民の怒りで打倒され、解散総選挙で生き延びようとしています。今回の衆議院選挙は、安倍自民党政権の根っこを断ち切り、労働者が社会の主人公として登場していく闘いです。

私たちは戦後史の岐路に立っています。労働者派遣法の改悪、解雇規制の緩和など労働者の権利を奪う立法が進められ、社会保障・年金は切り捨てられ、消費増税が貧困を加速しています。福島では子どもの甲状腺がんが多発しているにもかかわらず、鹿児島川内原発の再稼働情勢です。社会の隅々に怒りは満ちあふれ、すべての人々が「生きさせろ!」と叫んでいます。

安倍政権の目的は、こ全社会矛盾を戦争で突破することです。去る7月1日の集団的自衛権行使容認の閣議決定は「戦争放棄の国から戦争する国」への大転換にほかなりません。これに立ち向かうため、私たちは去る8月17日、日比谷公会堂でおよそ2000名の大集会を開催しました。被曝69周年の広島・長崎で示された「二度と戦争をさせない」という被爆者の魂の叫びを引き継ぎ「日比谷宣言」を発し、「改憲・戦争・原発・貧困許さない大行動」という運動体を立ち上げました。

解散・総選挙という安倍政権の見え透いた生き延び策に対決して、乾坤一擲の大挑戦にうって出る時だと感じております。

私たちとともに闘う仲間である鈴木達夫さん(第二東京弁護士会)は、改憲・戦争に絶対反対の最先頭で闘っています。労働者の権利と刑事被告人の防御権に長年取り組んできた弁護士です。今年の東京都知事選では、「99%」の怒りを体現し、大政党とならぶ選挙戦を展開しました。人民の未来がかかったこの時に、NHKディレクターから反戦活動家そして弁護士にと、これまでの人生の一切をここに集中して国政に挑戦する決意に至りました。

鈴木たつおさんを国会議員に!
生きる権利を鈴木たつおとともに!

多くのみなさんの推薦を心からお願いいたします。

鈴木たつおとともに歩む会HP
http://suzutatsu.main.jp/