改憲・戦争・原発・貧困許さない大行動を

f2645_01_01a

2014年7月1日、安倍政権は集団的自衛権行使を容認する閣議決定を行いました。

私たちは「二度と戦争を繰り返さない」という立場から、この「7・1閣議決定」を即時撤回させ、戦争に突き進む安倍政権を打倒するために8月17日に日比谷公会堂にて「改憲・戦争・原発・首切りの安倍をともに倒そう! 8・17大集会」(上写真)を開催しました。

この集会では、戦争を労働者の団結と国際連帯の力で阻止するための「日比谷宣言」が発せられ、その実践と発展のために「改憲・戦争・原発・貧困許さない大行動」(略称「許すな改憲!大行動」)の立ち上げが提起されました。

11月2日には日比谷野外音楽堂にて正午より「世界の労働者と団結し、戦争と民営化の道を許すな!今こそ闘う労働組合を全国の職場に!11・2全国労働者総決起集会」が全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、全国金属機械労働組合港合同、国鉄千葉動力車労働組合などの呼びかけで開催されます。

11・2全国労働者総決起集会呼びかけ文

この11・2全国労働者総決起集会への大結集と労働者の国際連帯の力で、改選・戦争を阻止していきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です