安倍政権による憲法改悪と戦争法を容認することはできません(民主労総ソウル地域本部からの連帯メッセージ)

 戦争法に反対して立ち向かう同志たちの闘いを支持します。
 自衛権の行使をほしいままにしようとする安倍政権とそれに賛成する支配階級の危険な考えと行動に怒り、かつて第2次世界大戦が発生して多くの労働者民衆が死に、戦争終了後の現在までも精神的・肉体的な被害に終止符を打てない歴史があるにもかかわらず、戦争への野望を持ち続ける彼らの行動を座視してはならないと思います。
 韓国社会の場合、戦争後に分断された国として現在まで続いている状況で、分断問題が継続して課題になっています。
 戦争の目的が一部の支配階級の利益のためであり、一層危険で労働者民衆の犠牲を伴うものであり、重要なことは戦争を望む労働者民衆はいないのであって、自衛権の行使と戦争法の強行ができないよう防ぐことが、私たち労働者民衆の役割だと思います。
 韓国の組織された労働者は、4月・7月のゼネストをとおしてパククネ政権と与党及び資本家集団の野望との闘いを進めており、今後も闘争を進めようと計画中です。
 労働者・民衆の生存権を剥奪する政権と資本に対決して闘うことが、次の世代も今よりもっと良い世界で生きていくことができるようにしなければならない先輩労働者の役割だと思います。
 日・米・韓の労働者民衆、ひいては世界の労働者民衆が、戦争の野望を終わらせ、新自由主義体制のもとで苦しんでいるすべての人々の希望となる闘いをつくっていきましょう。

2015年7月31日
民主労総ソウル地域本部

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です