高山俊吉(代表呼びかけ人)の発言

高山俊吉日弁連会長選挙での戦いを語る。2月29日、東京・弁護士会館クレオで開かれた「労働者の団結で戦争をとめよう! 盗聴拡大・司法取引の廃案を求める2・29集会」で特別報告。
「今回の会長選では、憲法9条破棄を要求する自民党・稲田朋美に献金をし、刑訴法改悪を推進している候補者を日本共産党が推した。しかし、それに断固反対して5000人もの弁護士が私に投票して声をあげました。安倍が狙う改憲、とくに緊急事態条項の新設を絶対に許さないことを高く掲げて闘いましょう。」

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です